太陽光発電 費用

太陽光発電は売電で光熱費用を節約できる

太陽光発電,費用,値段,メーカー,業者,選び方

 

光熱費用を節約

 

太陽光発電を導入すれば、太陽光パネルで発電した電力を自家用に利用したり、
電力会社に売電したりできるようになります。

 

 

 

家を所有している場合、固定資産税、光熱費、メンテナンス費用、
火災保険料などの出費がありますが、太陽光発電を導入すると、
収入が得られるようになります。

 

 

 

これまでの家にはない制度ですが、
電力会社は家庭で使用する太陽光発電から電気を買取るように
定められているのです。

 

太陽光発電の買取制度

 

電力会社による太陽光発電の買取制度は国により監督されているため、
むやみに買取り価格を変更することは許されていません。

 

 

 

しかも現在運用されている制度では、
売電価格が本来の電力価格よりも高く設定されているため、
より高く電気を売却できます。

 

太陽光発電,費用,値段,メーカー,業者,選び方

 

つまり太陽光パネルの発電量が多くなるとその分売電収入が増えるだけでなく、
国が支援を続ける限り太陽光発電は売り手市場になり続けるのです。2015年12月現在で、
売電期間は10年と定められていますから、向こう10年間は売電収入が得られます。

 

 

 

売電収入について太陽光発電を取り付けた40代の男性は
「毎日の発電量を確かめるのが最近の日課になっています。
どれくらい発電し、いくらで売れたのかを子どもと一緒に確認しています。

 

 

 

毎月の電気代は実質的にかからなくなりましたし、
オール電化にしたのでガス代も不要になりました。光熱費はほとんどかかっていませんし、
その分を貯蓄に回せています。太陽光発電にして本当に良かったです。」と述べています。

 

 

 

>>>太陽光発電の助成金を申請して費用を節約しました