太陽光発電 費用

太陽光発電の費用対効果を上げるにはメーカー選びが大事ですよ

太陽光発電,費用,値段,メーカー,業者,選び方

 

太陽光発電のメーカー選び

 

1年前に太陽光発電設備を導入 30代 男性

 

太陽光発電設備は、光熱費を節約するのに役立ちます。
太陽光発電を導入してから毎月の電気代はほとんど支払ったことがありません。

 

 

 

日差しが強い夏の時期になると、売電収入が一気に上がるので、
エアコンなどを多めに使用しても光熱費が上がる心配がありません。

 

 

 

こんなに家計負担が楽になるのであれば、
もっと早く導入しておけば良かったと思うほどです。ところで太陽光発電を
選ぶ際には、費用だけでなく太陽光パネルのメーカー選びも大切です。

 

 

 

太陽光パネルを発売しているメーカーは国内外に複数ありますので、
私たちが気に入ったメーカーのものを選択できます。選ぶ際に注意しておきたいのが、
メーカーごとの性能の格差です。

 

太陽光発電,費用,値段,メーカー,業者,選び方

 

私の場合、選択肢に上がったのが日本のメーカーと中国のメーカーでした。
中国メーカーの太陽光パネルはリーズナブルで手が届きやすい価格です。
日本の場合は高めになってしまうので、初期費用が多くなってしまいます。

 

 

 

値段だけに注目すれば中国製のものになりますが、
費用対効果を考えた時にどちらが良いのかをゆっくり考えて見ました。

 

 

 

できれば長く使いたいので、耐久性があり、
アフターフォローも心配がいらないものを選ぶように心がけました。
結局私が選んだのは日本製の太陽光パネルです。

 

 

 

耐久性が高いことと、発電量が安定していることです。
カタログだけでは判断できないので、率直に業者に尋ねてみたところ
シミュレーションをしてくれて、どちらが得なのかを教えてくれました。
結論はメーカー選びが大切だと言うことです。

 

 

 

>>>太陽光発電は売電で費用を節約できる